リサイクル部門

ウレタンフォームは再利用されています。
再生ウレタンフォームは通称チップフォームと呼ばれ、通常のウレタンフォームには無い「硬さ」「弾力性」を持ち、その独特の感触が評価されて椅子をはじめ、インテリア製品や自動車座席などで幅広く利用されています。
また優れた耐久性とその物性により 防振材・防音材としても活用されています。

チップフォームとは、ウレタンフォームの成型時や加工時に発生する断材や使用後の製品を細かく粉砕し、ウレタン原液と攪拌させ再度成型したもので、弊社はこの生産工程を持っています。

従って独自の特色・風合いを持ったチップフォームの生産・加工を行う事が出来ます。

また断材の廃棄による環境への影響の軽減や材料のリサイクル利用という面からもチップフォームの生産は弊社の独自な特長と思っています。
弊社はこの製品がまだまだ皆様方のお役に立てると考えています。
是非ご意見をお聞かせいただきご一緒に用途開発をさせていただければと日々願っております。

チップフォームの生産
チップフォームの生産工程